class="post-template-default single single-post postid-1356 single-format-standard wp-custom-logo wp-embed-responsive oceanwp-theme dropdown-mobile default-breakpoint has-sidebar content-right-sidebar post-in-category-cub page-with-background-title has-breadcrumbs elementor-default elementor-kit-3356">
You are currently viewing 2016年度カブ隊の活動

今年度のカブ隊は『自然中へ飛び出そう!』をテーマに屋外活動も積極的に取り入れ、心身共に鍛えられた1年だったと思います。




トピック的な活動を振り返りたいと思います。

7月に自然観察を21世紀の森で行いました。夏の暑い時期でありましたが、野鳥観察や樹木の観察と広い公園を歩き回りました。
樹木観察をしていると良く写真を撮りに来ていると言うカメラマンからカブトムシがたくさんいる木を教えてもらい、スカウト達は興味深くカブトムシが対決している姿などを観察していました。

8月には千葉市少年自然の家で1泊2日と短い日程でありましたが、夏キャンプ(舎営)を行いました。
コマ地図を使ったハイクで隣接する秋元牧場で食べたアイスが好評でした。また、屋内ではありますがクライミングウォールを高さとの恐怖を克服しながら、楽しんでいました。

10月にハイキングで柏の葉公園に電車&バスを利用して行きました。公園ではローバー2人の協力を仰ぎ、夏キャンプで好評であったコマ地図、追跡サインを使った公園内ハイクを行いました。ちょうど公園内のバラ園のバラがたくさん、きれいに咲いていた時期でもありました。

11月にはサイクリングで江戸川沿いのサイクリングロードを使い、流山運動公園まで片道約1時間程度のサイクリングを行いました。

1月は手賀の丘少年自然の家で1泊2日の冬のキャンプを行いました。夏キャンプで出来なかったキャンプファイヤーも寒い中ではありましたが、燃え上がる火の粉を見ながら、スカウト達は自分たちで考えたスタンツを披露してくれました。

このキャンプでは室内競技ではありますが、ラート体験を行いました。あまりなじみのない競技ではありますが、スカウト達は最初は不安気ではありましたが、段々一人で出来る様になり、ラートを楽しんでいる様でした。この日はラートの日本代表の方(学校の先生だそうです)が練習に来ており、私たちの為にデモンストレーションを披露して頂き、華麗な技にスカウト一同、感動していました。

3月はお別れハイクで筑波山ハイクを行いました。筑波山神社で安全祈願をして約2時間かけてお昼過ぎに頂上に到着しました。長いのぼりが続く、苦しい登山でしたが、仲間を励ましあいながら、全員無事に到着できた時はスカウト達の成長も確信できた時でもありました。
下りも女体山からの別コースで下山し、所々にある奇岩を楽しみながら約1時間半程度で全員無事に下山しました。



2016年度は非常に天候に恵まれたと年度だったと思います。また、活動も多岐にわたり、色々なことが経験できたと思います。

最後に保護者・団関係者及びリーダーの皆様のご協力をもって、無事にスカウト活動ができたことに感謝致します。ありがとうございました。

コメントを残す